たびのごはん:3日目 バタンキューの原因

  • 2018.08.06 Monday
  • 23:59

 

丸一日、ブログ更新が遅れまして

申し訳ありません。

 

昨日、深夜になって体調が悪くなったためです。

どうやら、知らない間に熱中症になってしまったようで、

ベッドで横になっても、めまいと吐き気に悩まされました。

でも今はもう、すっかり回復しましたので、大丈夫です。

 

昨日撮った写真をあらためて見かえしてみたら、

なるほど、こりゃあ熱中症にもなるよね、という

過密スケジュールでしたので、ダイジェストで

お伝えさせて頂きます。

 

朝一番に、

180806.JPG

オペラ座の目の前の路面電車に乗りまして、

 

またちょっと

180806-2.JPG

住宅街方面へ。

 

180806-3.JPG

街中のどこを撮っても、絵になるウィーン。

いいなあ、このドア、欲しいなあ。

 

180806-4.JPG

目指したのは、ちょっと下町っぽいところにある、

 

180806-5.JPG

救世軍の中古品ショップです。

前日のフリマがイマイチだったので、

ここで掘り出しモノを探そうかと。

 

180806-6.jpg

何にビックリ、って、

整然とした仕分けされた、建物内の商品です。

 

180806-7.jpg

古本コーナーは、まるで図書館さながら。

 

180806-8.jpg

食器コーナーなんて、ジャンル別はもちろん、

色分けまでされていました!

昨日のガラクタ市とは、大違いです!

 

180806-9.jpg

やっぱりローソクを使う文化なんでしょうね、

かわいいキャンドルスタンドなんかも

たくさんありました。

 

180806-10.jpg

古着コーナーは、ブティックみたい。

 

180806-11.jpg

クツだって、ちゃーんと

右と左、両方揃って売ってましたよ。

当たり前か。

 

わたくしは、家具コーナーに、もう

ウハウハ。

180806-12.jpg

 

ピアノだってあります。

欲しい!

持って帰れたらなあ。

 

180806-13.jpg

すっごく素敵な古いミシンなんて、も、

ぜーんぶ買いたいぐらいでした。

持って帰れないのに、あちこち

触ってみたりして。。。

 

180806-14.jpg

大きな家具も、イケアの店内みたいに、

いーっぱいありました。

 

自分がイメージしていた、

ビンテージの雑貨なんかは

残念ながら、そんなになかったのですが、

それでもなんとか、カワイイのを探しました♪

 

戦利品を抱えて、いったんホテルに戻って

荷下ろししてから、ランチへ。

 

目指したのは、

180806-15.JPG

ホテルから歩いて5分ぐらいの、市場です。

この中で、食事も出すカフェがいくつかある、と

ガイドブックで読んだもので。

 

道を渡るときに、ちょっと心がウキウキしたのは、

カワイイ青信号のせい。

180806-16.JPG

ご覧ください、

2人で手をつないで、真ん中にはハートが

飛んでいるんですよ♪、ラブリー!

 

そして、市場の中は、道路に沿って、縦長に造られて

おりまして、

180806-17.JPG

ズンズン進んでみました。

 

180806-18.JPG

一番目についたのは、スパイスを売るお店です。

 

180806-19.JPG

あたりは、エキゾチックなスパイスの香りでいっぱい。

 

180806-20.JPG

ウィーンの食材が売られているのかと思ってましたが、

実際には、地中海や、中近東っぽいスパイスや食材が

ほとんどでした。

 

180806-21.JPG

ここもしかり。

 

180806-22.JPG

キレイにディスプレイされたスパイス類。

 

180806-23.JPG

お菓子や、ナッツ、お惣菜系も、エキゾチック系ばかりでした。

 

180806-24.JPG

 

180806-25.JPG

 

180806-26.JPG

 

180806-27.JPG

 

180806-28.JPG

 

180806-29.JPG

 

180806-30.JPG

あ、でも、カフェ文化の色濃いウィーンですから、

コーヒーやお茶はたくさん売られていました。

 

180806-31.JPG

わたくしは、ここでスモモとアンズを買いました。

チャッキとわたくし、新鮮野菜とフルーツに

飢えているので。

 

こっちに来てから、揚げ物や煮込みばかりで、

お腹がちょっとお疲れ気味。

なので、ビタミン補給にとフルーツを買いました。

 

市場をぐるっと一周したあと、ようやくランチを食べることに。

180806-32.JPG

お目当てだった、入り口のシーフード屋さんは、

ちょっと思っていた内容と違ったので、やめました。

やっぱりここも、揚げ物とかばっかりなんですよ。

 

180806-33.JPG

もいちどウロウロして、コストパフォーマンスが良くて

人気だと言うお店を発見。

 

180806-34.JPG

店内、って言っても、空調も何もないので、

息苦しいですが、とにかく屋根の下なので、

文句は言えません。

 

180806-35.JPG

ドリンク。

大きいサイズを頼んだら、

本当にとてつもなく大きいグラスで来ました。

飲みにくい。

身体が小さいわたくしは、背伸びしないと飲めないです。

 

そして、チャッキと二人で頼んだランチはこんなの

180806-36.JPG

・前菜盛り合わせ 9.50ユーロ(約1224円)

 

英語のメニューに、「なんとかサラダとなんとかサラダと

なんとかサラダとなんとかサラダ」、と書いてあったので、

 

「サラダがいっぱい食べられるなら、イイよね〜」

 

と言って注文したのですが、実際には、

180806-37.JPG

特に新鮮野菜、っていう盛り合わせではございませんでした。。。

 

中身は、

180806-38.JPG

ラタトゥイユみたいな、ナスとパプリカの

トマト煮込みと、

 

180806-39.JPG

クスクスのサラダ、

 

180806-40.JPG

ヨーグルトのサラダに、

 

180806-41.JPG

フムス。ひよこ豆のディップですね。

 

180806-42.JPG

細長い、チーズ入り春巻きみたいなのに、

 

180806-43.JPG

パンが付いておりました。

 

前菜は、どれも美味しかったです。

 

「思ったのと違うけど、

 これはこれで、いいよね」

 

と言いながら、2人で食べておりました。

そこに、メインが登場

180806-44.JPG

・スズキのグリル 17.50ユーロ(約2255円)

 

巨大なお魚のグリル。。。

180806-45.JPG

比較のために、チャッキに手を添えてもらいました。

ね?大きいでございましょ?

 

180806-46.JPG

ここのところ、ガッツリお肉&ポテト&フライ系が

多かったので、自分的にも珍しく、魚でもいいよ、と

言うことになったのでした。

でも、ここまで巨大じゃなくてもよかったかな。

 

サイドは、

180806-47.JPG

なぜだか、醤油味の焼き野菜に、

 

180806-48.JPG

ミニサラダ。

本来、これをどっさりもっさりと食べたかったんですよ。

もう、いいですけど、これだけあれば。。。

 

お店の陽気なオネエサンが、

 

「じゃ、お魚、がんばって食べて。

 グッドラック!」

 

と応援してくれたのに応えるように、

2人で必死に食べました。

厳密には、チャッキが。頭と骨だけ残して完食。

 

そして、ランチのあと、午後の部の観光スタート。

180806-49.JPG

旧市街地方面まで、歩いて戻り、

 

180806-50.JPG

音楽館に行きました。

 

音楽の都、ウィーンですから、

音楽系のミュージアムも豊富みたいです。

 

180806-51.JPG

チャッキは、バーチャル指揮者を体験。

仕組みはさっぱりわかりませんが、なんとこれ、

ウィーン交響楽団の演奏を指揮できるんですよ。

こっちが降る指揮棒に合わせて、指定した楽曲を

演奏してくれます。

わたくしのリクエストにより、ラデツキー行進曲を

指揮したチャッキ、リズムがグチャグチャ。

確か、元プロミュージシャンなのに!

 

「ちょっと!テンポ速いよっ!」

 

と文句を言い、自分がやったら、もっとヒドイことになりました。

ああ難しいわぁ、指揮って。

 

180806-52.JPG

そのあと、もっと旧市街地の中心部に進み、

 

180806-53.JPG

 

180806-54.JPG

ここらへんで一番のランドマークでもある、

シュテファン寺院へ。

 

180806-55.JPG

中はもう、ずーっとずーっと眺めていたい、って

ぐらいの素晴らしいゴシック様式。。。

 

180806-56.JPG

おそらく、街で一番賑やかなエリアを歩き、

 

180806-57.JPG

これまたおそらく、世界で一番カッコイイ店構えのH&Mの前を

通り、

 

180806-58.JPG

ちょっとイケメンのストリートミュージシャンの

オニイサンと、目が合ったところをパチリ、として、

 

180806-59.JPG

まだその先へ。

 

180806-60.JPG

もう1つの教会、ペーター教会を目指しました。

 

180806-61.JPG

こちらはバロック様式。

 

180806-62.JPG

中に入って、天井画にため息をついていたら、

ちょうど夕方のミサが始まりました。

たまたまその場に居合わせてしまったのですが、

地元の人たちと一緒に、ミサに参加させてもらいました。

 

小1時間のお祈りが終わったあと、

古い時計台を目指します。

180806-63.JPG

時計台前のジェラート屋さんで

レモン味とヨーグルト味のジェラートをゲット!

もう、とにかく、暑いくて暑くて。

だって、どこもクーラーないんですもの。

救世軍も、レストランも、音楽館も、教会も。

 

180806-64.JPG

時計が6時を指して、動き出すのを

今かと待ちましたが、

 

180806-65.JPG

特に大した動きもなく、かなりガッカリ。

一生懸命にジェラートを食べている間に

動きもやめてしまいました。

 

代わりにと言ってはなんですが、

わたくしが時計台の下で、

しかけ時計の人形になりかわり、

くるくる回ってみたり

踊ってみたりしたら、

チャッキが思い切り無視しました。

そういう人なんだね。

イイ人キャラのくせにさ。

 

さらにさらに、奥に歩いて、

180806-66.JPG

ルプレヒト教会へ。

ウィーン最古の教会だそうです。

 

180806-67.JPG

ちょうど、プライベートコンサートを

やっていたようで、中は拝観できませんでしたが、

もう十分でっす。

 

そして、教会の先にある、

180806-68.JPG

ドナウ川をパチリ。

 

ここでやっと、本日の観光スケジュール、終了。

 

帰り際に、旧市街地内にある、

180806-69.JPG

老舗のカフェで晩ごはんです。

 

もう、ランチの魚のせいで、2人とも

お腹が空いていなかったので、

軽く済ませることにしました。

 

180806-70.JPG

これを食べようと思いまして。

ウィーン名物?のカナッペです。

 

180806-71.JPG

指さし注文で、取り分けてもらいました。

 

180806-72.JPG

我々のディナー。

ここでやっと、葉っぱがどっさりのサラダにも

ありつけました♪

 

180806-73.JPG

カナッペは、スモークサーモンと、ヨーグルト味のと、

ビーツのと、カジキマグロので、しめて1000円ぐらいでした。

 

これを平らげ、スパークリングワインもちょっと飲んで、

イイ気分でホテルに帰ったあと、体調不良が発生。

 

…今、思い返せば、これだけ過密に

炎天下の中、ウロウロしたんですから、当然ですよね。

 

 

明日はいよいよ観光最終日 はやいです!

いつもご覧いただきありがとうございます

今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM