そとごはん:花子に煮えたフレンチ

  • 2017.10.12 Thursday
  • 18:05

 

正午ギリギリ前に、

171012.JPG

駒場にやって来ました。

 

今日は、帽子の学校の特別講義がここ、駒場であります。

午後1時から、帽子の大先輩のお店で聞かせてもらうことに

なっています。

その前に、ここら辺でランチをすると決めて来ました。

 

目指したお店は、

171012-2.JPG

事前に調べた、ビストロ。

一人でも気軽に入れて、お得な1000円ランチがある、と

ネットで知ったもので。

 

ランチタイムには混み合う、との情報もあったので、

正午前に滑り込んでお店の中へ。

1組だけ、6人の若いマダムのグループが、

シャンパンバケツを前に、何かのお祝い会をしておりましたが、

それ以外はだーれもおらず。

 

入ったところで、奥にいた、お店の女性がこちらを

振り返り、わたくしを見た途端に、

<うわ・・・>

というような、ガッカリしたみたいな、

イヤーな顔をしました。

 

なんでなんだ!?

 

「いらっしゃいませ」

「何名様ですか?」

もなく、

<1?>

と、人差し指1本を立ててこちらを見、

「一人ですね?」という確認のことかな、と

思ってうなずいたら、

その人差し指で、カウンターの一番はじを指しました。

 

すげー。

しゃべりたくないのか?

 

女性は、40代ぐらいのキツネ顔で、

誰に似ているかと言われれば、

古い映画にはなりますが、『鬼龍院花子の生涯』の

花子です。

良く言えば、ジャパニーズ・クールビューティー、ですね。

良く言えば。

でも、コワイですから。

駒場の花子。

顔が笑わない。

 

171012-4.JPG

はじっこの席より。

 

171012-5.JPG

カウンター席の目の前には、テラリウム。

 

ナニが入ってんだ?、とよーく見たら、

171012-6.JPG

タンタンがいました。

このあと、こっちはカンカンですよ。

いや、プンプンかな。

どっちでもええわ。

 

171012-7.JPG

ランチのメニュー。

 

1000円のランチには、スープとパンが付いて、

メインは4種類の中から選ぶそう。

キッシュか、ガレット・オレリエンヌ、

肉料理か、魚料理。

 

「ガレット・オレリエンヌって

 どんなのですか?」

 

と聞いたら、花子、

はあ?、って雰囲気をかもし出しながら、

 

「そば粉のピザみたいなのにぃー、

 ハムとぉー、

 チーズとぉー、

 卵がぁー、乗ってます」

 

と答えて下さいました。

メンドくさそうに。

 

ガレットがナニかは知っとるわ!

「オレリエンヌ」ってどんなの?、って

知りたかっただけよ!

そんなに誰もが知っててあったりまえなワケ?

市民権もってるワケ?、「オレリエンヌ」。

カタカナ変換でもすぐに出てこないんですけど、

「オレリエンヌ」!

こないだパリに行ったけど、流行ってなかったよ?、

「オレリエンヌ」!

 

なんかちょっとイラっとしましたけど、

メインはミートローフだと言う、

本日の肉料理に決定。

 

ついでに、混みあう前に聞いちゃおう、と

 

「あの、ちなみに、

 『本日のデザート』はなんですか?」

 

と聞いたら、

3秒ぐらい黙りこまれまして、

そのあと、

 

「・・・あとのご案内でよろしいですか???」

 

と、ひきつった笑顔で返されました。

 

なんでよう!?

教えてくれたってイイじゃない!?

先に聞いちゃダメなルールなワケ?

 

なーんか居心地悪いなぁ、と思いながら

座っていたら、どんどんお客さんが入って来ました。

花子は、常連さんぽい人たちには、コロコロ笑いながら対応し、

わたくしみたいな、イチゲンさんには、

<は?入るワケ?座りたいワケ?>

みたいな能面ホスピタリティーで対応していました。

 

4種類あったメインも、わたくしの次に入店した

常連ぽい4人組には、

 

「どれにします〜?」

 

と聞いていましたけれど、

その次の組からは、

 

「お肉とお魚!

 終わりました!

 キッシュかガレットかで選んでください」

 

といきなりなり、

わたくしの隣に座ったおひとり様のオバサンにいたっては、

オバサンが、

 

「えーと、じゃ、キッシュ…」

 

と言ったのにもかかわらず、戻って来て

 

「キッシュ、終了です!

 ガレットで、いいですね?」

 

と強引な注文になっていました。

 

なんなんでしょ、ここー。

 

ぜーんぜん来ないランチを20分ほど待ち、

やっと運ばれてきたのは、これ

171012-8.JPG

・ポタージュ

・パン

 

171012-9.JPG

ポタージュについては、珍しく?花子から

進んで説明がありました。

 

「今日のポタージュには、

 ニンジン、ジャガイモ、それに

 カボチャとセロリが入ってます」

 

ほーん。

別に普通じゃん?、それ。

わざわざ教えてくれなくても。

グレてます?、わたくし。

 

パンは、

171012-10.JPG

え?、こんだけ?

まるでカステラの試食レベルの一切れ。

しかも、フォカッチャ???

ポタージュに合うのかな?

 

早速、スープを飲もうとしましたところ、

171012-11.JPG

がーん。

スプーンがありません。

 

でも、とてもじゃないですけど、

あの方にスプーンをお願いできる雰囲気じゃ

なかったので、フツーにコーヒーを飲むみたいに

ポタージュを飲みました。

案の定、口の中を大やけど。

だって、表面がアワアワしているので、

中が見えないんですもん。

 

カンカンに熱されたポタージュに、
全然合わない、岩塩入りフォカッチャを食べ、

それからまた待たされること、10分。

もう入店してから、30分以上、待ちが入ってます。。。

平日のランチでこのスピードって。。。

 

やっとメインが登場

171012-12.JPG

・ミートローフ

 

171012-13.JPG

ドデカドン、のお肉。

周りの全員、こっちをガン見。

だって、だーれにもまだ、

なーんにも来てないんですもの。

ヒマでもあるんです、周りの方々。

 

171012-14.JPG

やっと来たミートローフの隣には、

マッシュポテトが添えられてありました。

 

171012-15.JPG

下敷きになっているのは、大量のグリーンピース。

こんなにいっぺんにグリーンピースを食べるの、

久しぶりです。

イギリス人になった気分になりました。

(イギリス料理のサイドには、コレが多いので。)

 

大きなお肉、と思ったら、

171012-16.JPG

中央に卵が埋まっていました。

なるほどねー。

 

ミートローフのお味は、いたってフツー。

ミート、って言っても、お肉っぽくなくて、

噛まなくてもいいぐらい、

とてもとても柔らかいタネでしたので、

逆にどんだけ色んなものが混ざっているの?、と

聞きたいぐらいでした。

ソースはしょっぱめ。

添えられたポテトやグリーンピースと一緒に食べても、

しょっぱさを緩和させることができなかったので、

可能ならばパンのお替わりをお願いしたいところでしたが、

とてもとてもそんなこと、頼める空気ではございませんでしたので、

黙って食べました。

急いで食べました。

ゆっくりと、メインのあとには、

デザートとお茶もお願いするつもりでしたが、

すでにそんな時間の余裕はどこにも。

時計はもう、12時39分を指してます。

デザート、頼んでなくてヨカッタ。

花子、聞きにも来ないし。

教えてくれないし。

 

わたくしの隣の隣の席のオネエサンが、

やっと来たポタージュを前に、

 

「あの、スプーン…」

 

と頼んで、キッとにらんだ花子に、

 

「そのまま飲んでくださいっ!」

 

と命令されていました。

こわー。

よかったー。

ああなるところだったー。

 

1時からの先輩の講義に間に合わなくなるので、

1000円札を財布から取り出し、

目が合った花子に、

 

「あの、お会計はどちらで・・・」

 

とオドオド聞いたら、

 

「はい、1080円お願いします」

 

と事務的に言われ、あわてて

追加の80円を小銭入れから探すも、

あいにく21円しか入ってませんでした。

 

仕方なしに、1000円札を2枚、

見せながら

 

「すみません、細かいのが無くて…」

 

と渡そうとしたら、花子がキレたようです。

 

一瞬、目を見開いてムッとしながら

一歩大げさに後ろに下がり、

次に、

<あえて今、あたし、感情おさえてあげてるのよ>的な

皮肉な笑みを浮かべながら、

 

花子「100円玉、ないですか?」

 

わたくし「すみません、ないんです」

 

花子「80円、ないですか?」

 

わたくし「すみません、ないんです」

 

花子、呆れたみたいなひきつった笑い顔で、

 

「しょ、しょーしょー、、、お待ちください・・・」

 

と言い、カウンターの反対側の常連客に

小銭を両替してもらっていました。

 

そして、おつりを渡してくれる時、

やけに丁寧に両手を添えて、

 

「はい、

 どうも、

 ありがとう、

 ございました〜!」

 

と言われました。

 

なんかハラ立つーっ。

 

どこにも税別、って書いてなかったので、

1000円を用意したワケで。

それに本当は、プラス500円で

デザートとお茶を頼むつもりだったのに。

1080円の代金に、2000円払ったら、

そんなに罪ですか?

一応、ちゃんと謝りましたけど?

最初にお会計する客なんですけど、わたくし。

お釣りの小銭を全く用意してないお店って、よくあるんですかね?

 

とにかく、最初から最後まで

胃がキリリとするランチで、

Myはらわた煮えくりかえりました。

こんなにアタマきたの、どれぐらいぶりでしょう。

 

こないだの長旅でも、

それはないでしょー、という

対応のお店も多々ありましたけど、

まさか帰った日本で一番ひどいサービスを

受けるなんて。

 

二度と来ることのないであろうエリアだったのが、

せめてもの救いかもしれません。

こんな対応、良く行く場所で受けたら、

近くを通るたびに、ムカムカと思い出しますものね。

 

しばらくぶりに、

<2度と来るかーっ、

 こんな店っ!!>

とココロの中で叫びました。

 

 

唖然あとで「おつりは結構ですっ」と2000円を叩きつければヨカッタとも思いました唖然

いつもご覧いただきありがとうございます王冠2ランチブログのランキングに参加していますディナー

今日も応援クリックupグーupグーupゼヒよろしくお願いします!!怒りマークむかっパンチ爆弾怒りマークむかっパンチ爆弾

 

JUGEMテーマ:今日の昼ご飯

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • おうちごはん:おかげさまで
    yoo (10/20)
  • おうちごはん:おかげさまで
    ミイ (10/20)
  • おうちごはん:たまのアレをどうしても
    yoo (09/29)
  • おうちごはん:たまのアレをどうしても
    pupu (09/28)
  • たびのごはん:27日目 空港と空の2回ランチ
    Yayoy (08/02)
  • たびのごはん:16日目 ダブルランチの日
    yoo (07/23)
  • たびのごはん:16日目 ダブルランチの日
    pupu (07/23)
  • たびのごはん:3日目 無秩序DAY in バンコク
    yoo (07/09)
  • たびのごはん:1日目 一周スタート
    yoo (07/09)
  • たびのごはん:3日目 無秩序DAY in バンコク
    A子 (07/08)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM